2010年12月3日金曜日

なんんんんんと!

これはスゴい大ニュース!!!
生物の定義が広まった:

http://www.nasa.gov/topics/universe/features/astrobiology_toxic_chemical.html

http://www.flickr.com/photos/nasahqphoto/5226840827/

4 件のコメント:

1q さんのコメント...

宇宙でも生存可能、地球上最強の虫、クマムシの存在もかなり凄い!


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B7%A9%E6%AD%A9%E5%8B%95%E7%89%A9

http://wiredvision.jp/news/200809/2008090922.html

kagetora さんのコメント...

コメントが年越しでスミマセン。
このニュース,日本でも流れていました。
他の惑星で生物が生存する可能性が高まったと報道していました。kagetora

1q さんのコメント...

このニュースも、凄いけれど。

地球上最強の生物、クマムシ。

水がなくても120年も生きることができて、摂氏150度、マイナス200度のもとに数分間置いておいても、真空に近い状態でも、強い放射線を当てても死なない。宇宙空間に耐えられる、最強の虫。

人間や動物たちが滅んでも、確実に生き残っているにちがいない生物。

クマムシの凄さ。知ってほしいね~。

あまり知られていないのが残念。

栗之心 さんのコメント...

かげとらさん、

久方ぶりに興奮するニュースでした!
今までの常識を覆す、生物の基礎、設計が根本から変わってしまうような大ニュースです。生物の基礎となりえないと考えられた元素を、自分のDNAに取り込む微生物がいたことから、生命体の成り立ちの枠が広がったということでした。大工さんが家を建築するための基礎材料が増えた感じですかね?

ゆえ地球外生命体が今まで人間が考えもしなかった形態を取っている可能性があることを示唆する研究内容です。

勿論、今、原文のデータ解析に問題があるだの、ないだの、結論は早すぎるだの...と大論争となっておりますが...もし事実となれば将来ノーベル賞をとってもおかしくないような内容ですね。

1qさん、クマムシはスゴいですね。大気圏外、宇宙で生物が生存できる可能性を示唆したのは日本人の研究者なんですよね(その人は細菌でしたが...)。何れにせよ、根本的に少しこれとは話題が違いますが...;)