2012年4月21日土曜日

質問2、MOBアプローチラインの修正は?

またまた質問です。
実際のMOBは、大慌てして、なにかとすぐにできず、離れてしまうこともあると思います。
そこで、MOBへのアプローチラインの修正をいろいろ考えました。(机上の推論ですが)

先の質問で、クローズホールドで切り上げ過ぎ、離れてしまったことを想定します。
(ASAが教える8の字救出法の最後の場面と同じになります)

オーバーシュートしてしまう分、減速しなければなりません。
この場合、ASAでは、ジブのリリース(フロッギング)で、減速停止を教えていますが、この方法では、ジブとシートのバタつきが邪魔です。
それに、ジブやシートが絡んだ場合、すぐにセーリングに戻ることができません。

ISPAでは、最後のキメは、船が安定するヒーブツーが基本ですが、ヒーブツーを準備しつつ減速するには、どのようにすればいいのでしょうか?

(図は、クリック拡大できます)


これからも、いろいろ(変な)質問をすると思いますが、お付き合いください。


2 件のコメント:

QQQ さんのコメント...

この図、分かりにくいかな。

QQQ さんのコメント...

これ、8の字落水者救出法の弱点を改善できないかと、考えていての図です。常にISPA方式ができていれば、関係がないんですけどね。